てだこそば

てだこそば

お昼時になると、自然と行列ができる地元民に人気の沖縄そば屋「てだこそば」。

人気の秘訣は『どこにもない味を提供している』こと。

初めて沖縄そばを食べる方にもツウの方にもおすすめな、てだこそばの魅力をご紹介します。

1.創業26年の老舗店!どこにもない美味しさを提供

てだこそば|店舗外観

「てだこそば」の店名の由来は「太陽の子」。

沖縄の方言である「てだ=太陽」「こ=子」からとって意味付けられています。

日差しが差し込む明るい店内は、まさに太陽を感じる空間。

てだこそば|店舗内観

カウンター席やテーブル席がちょうど良い間隔で配置されており、奥にはお座敷も。

小さな子どもがいても安心。子ども用の小さな椅子や取り分け皿もありますよ。

2.こしのある自家製麺と手間暇かけて作った白濁りスープは絶品!

てだこそば|ソーキそば

てだこそばの一番人気メニューは「ソーキそば」。

「ソーキそば」とは豚あばら肉を出汁や醤油などで煮た、「ラフテー(豚の角煮)」とならぶ沖縄の定番肉料理「ソーキ」の乗った沖縄そばの事。

てだこそばのそれは、定番のソーキそばとは異なる、白濁りスープと自家製ねじれ麺。

長年研究を重ね、独特のねじれとのど越しを完成させた自家製麺と、ごくごく飲めてしまうスープが癖になると評判。

つぎ足しせずに日々新たに作られるスープは、前日の14時ごろから次の日のスープを作り始めるのだそう。

およそ10時間煮込んだスープは、コクのあるまろやかな味わい。

てだこそば|ソーキそばのアップ

味は豚骨ベースですが、誰もが想像する豚骨ラーメンのような濃さはなく、あっさりしていて飲みやすい味。

オーナーは「いいお酒」をイメージして研究開発したのだと言います。

『いいお酒は、癖がなくまろやかで飲みやすい。』それを沖縄そばスープとして再現できないかと試行錯誤した結果、飲みやすくしつこくない、豚骨の匂いがしすぎないスープが完成しました。

また、湯がく前に麺をねじることで、スープに浸かっている時はストレートに見える麺が、持ち上げた瞬間ねじれるのも特徴。

このねじれは機械では作れないのだそうです。

てだこそば|湯がく前に麺をねじる様子

3.どのメニューも他にはないオリジナリティ溢れるもの

てだこそば|メニュー

「納豆そば」や「黒米トロロそば」など、どこのお店でも見たことがないようなメニューが並んでいるのもてだこそばの特徴のひとつ。

メニューは全て、オーナーが試行錯誤の上に作り出したもの。

「どのメニューも他店とは違ったものを提供する」というのが創業当初からのこだわりで、どれを食べても、てだこそばらしさがどこかに現れています。

沖縄そば以外の、隠れ人気メニューのひとつ「餃子」も、他とは違ったアレンジメニュー。

てだこそば|隠れ人気メニューの餃子

一見普通の餃子ですが、「沖縄そば屋の餃子」をコンセプトに、中のお肉はこれも沖縄そばの定番トッピングである「三枚肉」を使用。

餃子を包んでいる皮も自家製で作られています。

てだこそば|三枚肉

プルプルでもっちりした生地とジューシーな甘味がある三枚肉でつくられた餃子は、ご飯がいくらでも進む味。

沖縄そば屋でありながら、ファンの多い一品です。

てだこそば|美味しそうな餃子

たくさんのこだわりを持つ、変わり種沖縄そば屋「てだこそば」。

定番以外を味わってみたい沖縄上級者の方はもちろん、初めて沖縄に訪れる人にも是非味わってほしい沖縄そばです。

Photo&text:三好 優実

(取材:2020年1月)

住所: 沖縄県浦添市仲間1-2-2

電話番号: 098-875-5952

営業時間: 11:00~20:00(売切れ終了)

定休日: 月曜日

その他: 持ち帰り・店内飲食可(テーブルあり)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする