渡久山酒造(とくやましゅぞう)

渡久山酒造(とくやましゅぞう)

宮古島のさらに離島である伊良部島。

伊良部島の佐和田集落は、美しいと名高い佐和田の浜から程近く自然が多く残る静かな集落です。

そんな恵まれた環境の中、70年以上泡盛づくりを続けているのが「渡久山酒造(とくやましゅぞう)」。

沖縄・宮古島に数多くの種類がある泡盛ですが、その一つ一つが個性的で味わいがまったく異なります。

渡久山酒造では、地元の方々の声を反映しながら繊細で飲みやすい泡盛造りを代々受け継いできました。

1.地元「伊良部島」の人々の声を反映した泡盛づくり

渡久山酒造|瓶詰めされた泡盛にフタをする女性

伊良部島の静かな集落にたたずむ「渡久山酒造」。

そんな酒造所では、島民の声がダイレクトに聞こえてきます。

地域に住む方々の声を聞き反映しながら、泡盛づくりを行ってきました。

渡久山酒造では、これまでも、これからも地元の方々の声をしっかりと受け止めて、新しい酒造りにチャレンジし続けます。

2.繊細で飲みやすい、伊良部島の泡盛「豊年」

渡久山酒造|塀の上に置かれた「豊年」の一升瓶

渡久山の酒造りを支えるのは、伊良部島に流れる豊富な地下水脈。

ミネラルをたっぷりと含んだ水を丁寧に仕込むことで繊細で飲みやすい泡盛が生まれます。

2代目渡久山知照さんにより伊良部島の豊作を祈願して命名された「豊年」。

酒造所の歴史と共に歩んできた代表銘柄です。

華やかで豊かな味でありながら、爽やかな香りが特徴。

まろやかで甘い味わいの仕上がりなので、泡盛初心者の方も飲みやすい一品です。

3. 70年以上受け継がれてきた伝統ある酒造

null

元々、1代目である渡久山知章さんがお酒の量り売りの移動販売からスタートした「渡久山酒造」。

1948年に免許を取得して本格的に泡盛造りを始め、今に至ります。

島では、昔から宴会で「オトーリ」と呼ばれる回し飲みをする文化があります。

オトーリの席やお酒を飲む席でみんなで楽しんでもらえる泡盛をつくり続けていきます。

70年以上もの歴史があり、今も島内で愛され続けている渡久山酒造の泡盛。

どの泡盛もすっきりとした飲み口でどんな方でも飲みやすいのが魅力です。

text:瀬戸 友貴

Photo:松川 千鶴

(取材:2021年5月)

住所: 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1500

電話番号: 0980-78-3006

営業時間: 10:00~16:00

定休日: 日曜日・祝祭日

駐車場: あり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする